2月5日まで休業します、たぶん...
2021.01.15

 写真は忘れな草です。2月5日の誕生花だそうです。

 じつは、2月5日(頃)まで休業します。

 娘が新型コロナに感染しました。1月12日に発熱の症状が出て、その日、前日に職場で行ったPCR検査陽性が判明しました。ただ、翌日はほとんど症状もなく、自分で車を運転して診察に行きました。診察の結果、自宅療養となりました。咳や味覚障害はまったくありません。
 娘は医療従事者で、その前の週からコロナ感染を警戒し、帰宅後はすぐ自室にこもり、食事も自室でとるなどしていました。トイレも別です。そのせいか、私達親は全く症状が出ていません。私達は昨日、保健所でPCR検査を受けましたが、多分陰性だと思います(結果がわかったら別途、報告します)。

 新型コロナはかなりつらい症状がでる、と聞きます。しかし、うちの娘は本当に初日の発熱くらいで、今は平熱で、食欲もあり、元気です。濃厚接触者の私達も元気です。我が家ではビタミンC,Dのサプリを推奨量より多めに摂っています。以前もこのブログで書きましたが、ビタミンC,Dがコロナの感染の予防、または感染しても快復を早める効果がある、という臨床報告があるそうです。手前味噌ですが、娘が軽症なのも、私達が元気なのも、この効果が少なからずあるのかな、と思います。ビタミンC,Dのサプリは値段も高くないので、ぜひおすすめです。

 とはいうものの、保健所指導により、石野整体院は2月5日(頃)まで休業します。

*追記
 15日14時頃7、保健所より私達のPCR検査結果が陰性の連絡がありました。
2021.01.15 09:07 | 固定リンク | 未分類
光と闇
2021.01.09

 2021年はじめてのブログです。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 前回、アメリカ大統領選の事を書きました。「アメリカの次期大統領は、バイデンさんでしょ。」と思われるかもしれません。マスコミは、1月6日にワシントンDCに暴徒が乱入し、銃撃まで起きて5人が亡くなったその責任を、トランプ大統領に押しつけ、議員は大統領を罷免させたがっています。
 しかし!これ大ウソです。なぜトランプ氏が自分の不利になる暴動をアジテートする必要があるのでしょう。ワシントンDCに押し掛けた暴徒はアンティファといわれる過激派で、ディープステート、CNN、警察の一部とグルになっています。そして、民主党側は、もし次期大統領にバイデン氏が確定したなら、1月20日でトランプ氏の任期は終了する、つまり2週間も無い任期なのに罷免を求めるのでしょうか?実は、大統領令、戒厳令を恐れているのです。そうなれば、選挙で不正を働いた関係者全てが国家反逆罪で逮捕されるからです。
 そして、今回の黒幕は中国だけではありませんでした。黒幕の親玉は、バチカンです。これも、近日中に暴露されます。

 マスコミの言っている事を疑いもせずに信じている人達、どうか眼を見開いてください。真実はそこにはありません。今、世界はまさしくカオス(混沌)です。まさしく光と闇の戦い、私たちは、地球史上に残る時代に生きています。
2021.01.09 09:40 | 固定リンク | 未分類
2020年の終わりに
2020.12.31

 今、このブログを書いているのは2020年12月31日AM9時少し前です。もう、2020年は幕を閉じますね。
 以前にも書きましたが、風の時代に入りました。2021年、今までの価値基準が大きく変わりだします。そして、これも以前書きましたが、世界がカオス状態になります。
依然として、日本のメディアは、バイデン氏をアメリカの次期大統領として報道しています。でも、これ嘘です。アメリカの大統領はまだ決まっていません。
アメリカの大手報道機関(CNN,FOXなど)はディープステート、そして中国共産党の支配下にあり、自分達の利権のためにトランプ氏を大統領の座から引きずり下ろしたくて仕方ないのです。ですので、バイデン氏の次期大統領決定を既成事実化したい。そして悲しいことに、司法までその邪悪な勢力の脅迫を恐れていいなりになっているのです。だから、選挙の不正が暴露されても、知らん顔を決めつけているのです。

 日本のメディアも、おそらくはアメリカと同じでしょう。偏向報道の極みです。

 大統領選の裏で実際おきていること
・選挙の票集計を行う、ドミニオンというシステムが、インターネット接続されて外国から票の操作がおこなわれた。
・ドミニオンのサーバーがドイツにあり、なんとディープステートの配下になりさがったアメリカCIAが操作していた。米特殊部隊がそのサーバーを確保したが、その際銃撃戦となり、特殊部隊の兵士5人が死亡。CIA側も1人死亡。
・今回の選挙は中国共産党がディープステートと手を組み、4年前から計画していた。中国のある大学教授が、中国国内で「バイデンを大統領にするため、その息子に大金を渡した。」という内容の講演がYouTubeに残っています。
・トランプ大統領は、今回の選挙の不正の事実、そしてその裏で暗躍しているのがオバマ元大統領、クリントン夫妻である、という事実を12月2日、演説で名指ししています。

 これらは、日本のマスコミは一切報道していません。

 単にアメリカ大統領が誰になるか、という問題ではないんです。もし、闇の勢力側がアメリカの政権をとったとしたら、世界中にネガティブな影響が避けられませんよ。中国共産党は、世界の覇権をとりたくて仕方ないのです。

 しかし、流れは変わります。すべては白日の下にさらされます。その時、今まで私達が当たり前のように信じていた事がウソだったことにうろたえるかもしれません。しかし、浄化の一歩です。
2020.12.31 08:50 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -